低炭水化物ダイエット

低炭水化物ダイエットは、アメリカのロバート.C.
アトキンス博士が考案したダイエット方法です。

炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物
摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、
減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

低脂質ダイエットに比べて、体に与える負担が少なく、
日本人向きのダイエット方法です。

低炭水化物メニューとご褒美食(好きなものを食べて
良い)を組み合わせることで炭水化物の欲求をへらし、
減量とその体重の維持が可能です。

<低炭水化物ダイエットのやり方>
1)目標体重になるまで炭水化物の摂取量を1日の総
エネルギー量の5%以内に制限します。
2)目標体重になったら、1週間当たり1%ずつ炭水化
物の量を増やしていきます。


コメントを残す