グレープフルーツダイエット

グレープフルーツダイエットは、基本的には朝と夜に
グレープフルーツを食べます。昼食は何を食べても構
わないというダイエット方法です。

グレープフルーツの苦味成分である、フラボノイドの
一種ナリンギンの働きには、食欲を抑制して少しの食事
でも満腹感を得られるという作用があります。

また、ヌートカトンという香り成分が、交感神経の働き
を活性化させてUCPという脂肪を燃焼成分をたくさん産生
すると言われています。

「リモネン」には血行を促進する効果があり、交感神経
が活発に働いたときに起きやすい末梢の血行不良を解消
します

更に、グレープフルーツの実にはカリウム、食物繊維、
ビタミンC、ビタミンB群やEなどが多く含まれていて、
特にカリウムは、よけいな水分を外に排出してくれる
ので、水分の代謝をよくしてくれます。


コメントを残す