ゴーヤダイエット

ゴーヤ茶とは、ゴーヤの果肉や種を一緒に細かく切り
天日乾燥させた後、焙煎して作ったお茶の事などで摂取
する方法です。

*ゴーヤーはアジア原産のウリ科の植物で、沖縄では昔
から日常的に食されているゴーヤーチャンプル等、栄養
価の高い野菜のひとつです。

独特の苦味から「にがうり」とも呼ばれています。

ゴーヤーが苦いのは、表面のイボイボ周辺に含まれて
いる苦味成分モモルデシチンや、ククルビタシン、アデ
ニンによるものです。

この苦味の成分の中にビタミンC、カリウム、マグネシ
ウム、カルシウムなどの栄養素がバランスよく含まれて
います。

ゴーヤー茶の種子の中に含まれる共役リノレン酸は話題
のダイエット成分で、共役リノール酸は、脂肪分解酵素
リパーゼの働きを促進させ、脂肪を燃焼しやすくする効
果があります。

さらにゴーヤーには、ビタミンC、E、カリウムなどの
栄養成分が豊富に含まれています。

なかでもカリウムには、体の水分バランスを整え、むくみ
の解消に効果があるといわれていますので、ダイエット中
の体には、重要な養素です。


コメントを残す