低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットは、インシュリンの分泌を
抑制し、脂肪を蓄積させないダイエット法で、GI値の
高い食物を控え、GI値の低い食物を代わりに食べます。

つまり、主食である精白米・食パン・うどんを控え、
玄米・小麦全粒粉パン・日本そばを代わりに食べます。

低インシュリンダイエットは、アメリカの糖尿病食餌療法
から生まれたダイエット法で、インシュリンの分泌を抑制
し、太りにくくします。

インシュリンには、糖を体脂肪として蓄積させる働きがあ
ります。ですから、インシュリンの分泌を抑制できれば、
脂肪の蓄積が抑制できるということです。

低インシュリンダイエットでは、カロリーよりGI値を重視
し、GI値は、食物が体内で糖に変わり、血糖値が上昇する
スピードを計ったものです。

GI値が高いほど血糖値が急激に上昇し、インシュリンの
分泌が多くなり、脂肪を蓄積しやすくなります。

逆にGI値が低いほど血糖値の上昇が遅く、インシュリン
の分泌が少なくなり、脂肪を蓄積しにくくなります。

★食べて良い食品★
ライ麦パン・日本そば・全粒粉スパゲティ・中華そば・
キャベツ・大豆・海藻類・きのこ類・トマト・ブロッ
コリー・ほうれん草・さやいんげん・アスパラ・セロリ
・きゅうり・

★控えた方が良い食品★
ご飯・フランスパン・うどん


コメントを残す