干瓢ダイエット

干瓢ダイエットは、かんぴょうを食べ、満腹中枢を
刺激するダイエット方法です。

干瓢は、夕顔の果肉を薄く、細長い帯状にむいて乾燥
させたもので、不溶性食物繊維・カルシウムが含まれ
ています。

干瓢には、食物繊維は、納豆の約4倍、カルシウムは
牛乳の約3倍も含まれています。

干瓢の不溶性食物繊維は、胃での滞在時間が長く、満腹
感を持続させ、食べ過ぎを防止します。

また、脂肪の吸収を抑制したり、余分な脂肪・水分・
老廃物と絡み合って便を形成し、蠕動運動を活発にして
便の排出を促す働きもあると言われています。


コメントを残す