コンニャクダイエット

コンニャクダイエットは、コンニャクを食前に食べ、
満腹中枢を刺激するダイエット方法です。

コンニャクはサトイモ科の多年生植物で、地下茎の部分
から作られ、昔から「体の砂おろし」と言われるくらい
体の毒だし効果が認められていました

コンニャクは、毎食前に水分と一緒にゆっくり食べます。
水分と一緒に食べることにより胃の中で膨張し、満腹感
を感じます。

コンニャクには、グルコマンナンという水溶性食物繊維が
含まれ、水を含むと大きく膨張する性質があり、胃の中で
膨張して満腹感をもたらします。

またグルコマンナンには、腸内で弾力性のあるかたまりに
変化し、脂肪・コレステロールなどをとり込んで体外に排出
するので、中性脂肪・コレステロール値を下げる働きがある
と言われています。

更に膨張したグルコマンナンには、腸壁を刺激し、蠕動運動
を活発にして便の排出を促す働きもあると言われています。

コンニャクには、ほとんど味がないので、味付けなどの工夫
をしましょう。


コメントを残す