想像ダイエット

食物を大量に食べている自分を想像し続ける事でダイエットするという
方法です

食物を大量に食べている自分を想像すると、食欲が増すわけではなく、
その後の摂食量が減るという研究結果が出ました。

カーネギーメロン大学の研究者らが、

★チョコレートなどといった食物を大量に食べている自分を想像するグループ、

★大量ではなく少量を食べている自分を想像するグループ、

★他の何かをしている自分を想像するグループ

被験者らが自分に課された状況を頭に思い浮かべた後、全員にチョコレートなどを
与えました。

っすると、大量のチョコレートなどを食べることを想像した被験者らの摂食量は、
他の被験者らの摂食量に比べてかなり少なくなったそうです。

好きな食べ物を一緒思い浮かべるようなことは食欲をかき立てられますが、
それをずっと続けて、食物を想像し続けると人はその想像した食物のイメージで、
食欲増進につながらなくなると示されました。

このようなダイエットの問題点は、食べ物の想像を持続することと、食べ物の誘惑に
打ち勝つ心の強さが必要だという事です。

これほどの心の強さがあれば、元々ダイエットの必要もないと思いますが…


コメントを残す