食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエットは食事をするときは、食物繊維
から先に食べるダイエット方法。

先に甘いものやごはんなどの炭水化物、つまり糖質
を多く含んだものを食べると、体内のインスリンが
大量に分泌されて、食べ物が吸収されやすい状態に
なります。

特に脂肪などがどんどん体内に吸収されて、同じ食事
を摂ったとしてもたくさんのエネルギーを摂取してし
まいます。

それで、インスリンの分泌を抑えるには、食物繊維を
多く含んだサラダや副菜などを先に食べると良いとさ
れています

食物繊維を多く含んだものから先に食べると、消化管
などから吸収される糖の量を抑え、インスリンの分泌
を抑えれます。

食事の順番を変えるだけでできる簡単な方法なので、
毎日の食事の際に気をつけていれば、ダイエット効果
が上がると思います。

食べる順番

1食物繊維(野菜や海藻など)

2タンパク質・脂質(肉や魚など)

3炭水化物(ご飯や麺など)

*インスリンとは食事をした時にすい臓から出る
ホルモンのことで、ごはんなどの炭水化物から食
べると、すい臓から大量にインスリンが分泌され
ます。


コメントを残す