後ろ歩きダイエット

後ろ歩きダイエットは、名前のとおり、後ろ向きに
歩くダイエットです。

後ろ向きに歩くことで、いつもは使わない筋肉を刺激
するそうです。後ろ歩きは、15分以上行いましょう。

後ろ歩きは、膝を高く上げながら後ろ向きに歩きます。
後ろ歩きは、歩幅が小さくなりやすく、また足も高く
上がりにくいので注意しましょう。

ただし慣れない後ろ歩きには、転んだり、ぶつかったり
する危険性があるので、公園などの広い場所で行いまし
ょう。

おすすめはプール内での後ろ歩きです。プール内では、
転んでも衝撃が和らげられます。また水による負荷が
増え、効率よくダイエットができます。

後ろ向きに歩くなど普段は使わな筋肉を使った場合、
筋肉にブドウ糖を取り込む為のたんぱく質の働きが
活発になります。

つまり後ろ歩きは、ダイエットに効果的なのです。


コメントを残す