なぜ、食べていないのにダイエットできないのか?

ダイエットしている人が、よく口にする、

「ほんの少ししか食べていないのになぜかダイエットできない」

「間食なんて、ほとんどしていないのに、なぜかダイエットしない」

「私なんて、水しか飲んでいないのに、太る体質なんです」

このような、事をダイエットしている人からよくききます。

でも、これが真実でしたら、凄いですよね。じっくりと、
検査したくなります。

でも、このように言う人は、必ず、ダイエットしない分量の
カロリーを取っています。

ダイエットしない分量のカロリーとは、

摂取カロリーが消費カロリーとイコールになる分量です。

ですから、太っているほど、摂取カロリーが普通体系の人
より、多くなります。

人間の体は、現状維持の体重を維持しようとします。

ですから、太っている人が、ちょっと、摂取カロリーを
減らしてもダイエットできません。

また、成人女性の普通体系のスタイルになりたければ、
大体、1日の接種カロリーを1600kCALにしなくては
いけません。

これは、太っている人にとっては、地獄のように少ない
食事量です。

これは、摂取カロリーと消費カロリーの点で聞いてきましたが、
ここに、さらに、ダイエットしずらくなるのが、年齢とともに
基礎代謝が落ちるということです。

基礎代謝が落ちだすのが、だいたい、25歳前後です。

この年齢位から、だいたい、基礎代謝が落ちだします。

ですから、25歳を過ぎて、25歳以前のカロリー量の食事を
していると、急に太り出します。

人間の体は、消費カロリー以上のカロリーを消費出来なければ
体にため込みます。

しかも、女性の場合、胸に脂肪がつくことは稀、ほとんど無いです。

腰のあたりに、嫌というほどついちゃいます。

二の腕に付いたりもしますけど、これは、二の腕の太い男性が
好きという男性もおられるのでいいですけど、腰回りの太い女性
が好きという人はいません(ポチャリ隙は例外)

食べていないけど、太るという人は、毎日食べている量を
記録してみましょう。

確実に、1600キロカロリー以上だと思います。

もし、今、あなたが3000キロカロリー摂取していて、
2500キロカロリーに減らしても、消費カロリー2500
キロカロリーまでの体重にまでしかなりません。

急に、ダイエットはリバウンドのもとですので、少しずつ
食べる量を減らしていきましょう。

まず、自分の食事量の把握が最優先です。

がんばりましょう。


コメントを残す