頬のふくらみをとる小顔になる運動

頬がほっそりしている人は、多少、体にぜい肉がついても、
目立ちにくいですよね。

逆に、頬に、ぜい肉がつきやすい人は、体が多少、痩せて
いても、太っている印象を与えてしまいます。

ですから、顔は出来るだけ小顔にしましょう。

~~~頬を引き締める運動~~~

頬を引き締めるには、よく動かすことが必要です。
そこで、頬を引き締めるのに、一番いいのは、表情をよく
動かすことです。

特に、頬を動かすことが重要になってきますので、
口を大きく動かすように、普段から習慣づけましょう

1、口を大きく開けて、頬の筋肉を伸ばします。
2、口笛を吹くように、唇をすぼめ、前に、思いきり
突き出します
3、次に、口を横に出来るだけ広げます。
4、上あごは右、下あごは左に動かして、唇の位置を
ずらします。左右入れ替えてしましょう

これを、23回繰り返します。

~~~顔のマッサージ~~~

顔をマッサージすると、顔の筋肉を引き締め、肌も奇麗に
してくれます。

しかも、顔をマッサージすると、小じわのマッサージにも
なります。

1、顔のマッサージは、両手の、親指、小指を除いた指で、
行います。マッサージ前に、顔全体に、コールドクリーム
などを付けると、茂樹が強くなりすぎずに済みます。

2、マッサージは、あご、口角、小鼻のわきから、こめかみ
にかけて、3本の指でこすりあげるように、マッサージ
します。

注)顔のマッサージは指先を使い、筋肉をまず軽くこする
ようにします。

~~頬を引き締めるツボを指圧~~~

下関…頬骨のすぐ下で、耳から3cm鼻に寄ったところに
あります。

押すと、上の歯にずんと響くような鈍痛があります。
頬の両側にあるツボを親指か人差し指で左右同時に
押します。

頬車…あごの骨の角にあるツボです。あごの力を抜いて
指圧すると、下の歯に響く圧痛があります。

いずれのツボも5回指圧しましょう。


コメントを残す