肩の脂肪をとりましょう

関節部分は、よく動かすので、比較的、皮下脂肪は付き
にくいです。

でも、体質によっては、肩の周辺にも皮下脂肪がつきやすい
人もおられると思いますので書いておきます。

もともと、怒り肩の人は別ですが、肩に脂肪がついて
盛り上がっている場合は、体を動かして、肩の脂肪を
とりましょう。

~~~肩の上下運動~~~~

漫然と体を動かすよりも、逆方向の力を加えたりして、
抵抗を付けた方が頑固な脂肪を燃やしてくれます。

1、左手を右肩の上にのせ、軽く肩を下に押しつけます。

2、左手の力はそのまま抜かず、右肩を抵抗に逆らって
上に上げます。

3、できるだけ右肩を上にもちあげたところで、肩の力を
ストンと抜きます。これを10回繰り返します。

4、次に、左肩を右肩と同じようにします。

5、両手を上にまっすぐあげ、伸ばしきったところで、
肩の力をストンと抜きます。

この運動を2週間ほど続けてください。血行がよくなり、
脂肪が燃えやすくなります。

~~~肩の脂肪をとるツボ~~~~

肩井…肩こりの特攻ツボとして、知られています。
首の付け根と肩先を結んだ線の真ん中で、反対側の
手を、親指が方につくようにして、肩の上においた
ときに中指が当てるのがこのつぼです。

だいじょ…背中の上にあるツボです。首を前に倒すと、
背骨の中に、ポンと大きく飛び出す骨があります。
この骨から2cmほど下の2,3cm外側にあるのが
このツボです。

中府…腕の付け根にあるつぼです。
鎖骨の下にあるくぼみを外側にたどって行くと、大きな
丸い骨(上腕骨の関節)にぶつかります。

その交差点から、約3cm下に下がったところにある
ツボです

これらのツボを10回ほど指圧するようにしましょう。


コメントを残す