ダイエット中でも欠かせない油分とは・・??

油分はダイエットの大敵??と、一般的には言われます。

確かに油分は、ダイエットの大敵とは言われますが、これは、から揚げや
天ぷら等の食べ物をいう事でやって、本当に油分のすべてが、ダイエットの
大敵なるかといえば、それは間違いです。

油分は、大きく分けて、良質な油分と、悪質な油分があります。

当然、悪質な油分といえば、パンやピザなどに含まれるトランス脂肪酸です。

そして、良質な脂分といえば、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸です。

このような油分を、とっていると細胞膜が硬くならず老化を防止し太ることを防いでくれます。

オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸は、必須鵜脂肪酸と言われ、
この脂肪酸を摂取していると、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを
増やしてくれるので、美肌の効果もあります。

*オメガ3はDHA/EPAとして、いわし、さば等の青魚、サーモンの魚油に
多く含まれいています。オメガ-3脂肪酸は凝血や炎症の減弱に重要。

*オメガ-6脂肪酸はコーン、大豆、ひまわり、紅花などに多いリノール酸で摂取でき、
日常生活であふれているので、積極的にとるべきものではなくむしろ控えた方が良い
ものです。

皮膚、被毛を適切に維持するために必須のものです。

*オメガ9脂肪酸は、主にオレイン酸;オリーブオイル・菜種油に含まれています


コメントを残す