炭水化物は、ダイエットの大敵!?

ダイエットの大敵といえば、誰もが知っている炭水化物だと思います。

炭水化物というのは、パンやパスタご飯やイモ類ってこういうものを基本的には
炭水化物と言います。

確かに、ダイエットをするときには、ご飯を目の形にする人が多いと思います。

実際炭水化物を除けば手っ取り早くカロリーダウンをすることができ、やせる
最短コースを走ることができると思います。

しかし、炭水化物は体にとって大切なエネルギー源であり、また脳にとっては
炭水化物に含まれる糖質が唯一のエネルギー源となっています。

ですから、炭水化物を抜く大事どうするということは、体はやせるかもしれませんが、
将来的に脳に何らかの障害が発生するということにもなりかねないということです。

ですが炭水化物を除けば手っ取り早いやせられるというのもまた事実ですので
炭水化物を抜くときには、その食品をよく考えて炭水化物を取らないというように
すれば良いということです。

ちなみに、日本で昔から食べられている米やイモ類は日本人が多分昔から食べ
慣れているものですので大量に取らない限りは太るということはありません

一方、近代になって海外から入ってきたんやパスタというのは体内で分解され
にくいトランス脂肪酸という質の悪い脂肪分が多く含まれているので、普通に
食べていると思っていても知らない間に太っていたということをも起こってきます

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やして血液をドロドロにして、良い
栄養が全身を巡るのを邪魔してしまいます。

またトランス死亡さんを含んでいるパンですが、パンを作る時にパンを膨らませるのに
欠かせないイースト菌はビタミンB群を食べてしまうという、性質も持っています。

*イースト菌は脂肪や糖分の代謝に欠かせない菌です。

もし、あなた、がこれから炭水化物を抜くダイエット方法を考えられているのであれば、
まず、パン食から米食に切り換えましょう


コメントを残す