ダイエット中に摂取してはいけない油は、トランス脂肪酸!?

ダイエット中どうしても、摂取したくなくなるのが油分だと思います。

ダイエットを懸命にやればやる程、から揚げや天ぷらから、始まり肉や魚と
言った食品すら口に運ぼうとしない方もおられます。

確かにダイエットをしていれば油分を避けたい気持ちはよくわかります。

ですが、過剰に脂分を摂取しないと、肌がカサカサになったり、化粧ノリが
悪くなったという女性も多くおられます

ですから、油分は、必ず、ある程度摂取しなければいけません。

この油分ですが、ある程度摂取しなければいけないのですが、悪性の油分ばかりを
とって良質の油分を取らなければ意味がありません。

悪性の油分とはつまり、食べるもの原型の形がわからない加工食品に含まれている
トランス脂肪酸です。

肉や魚を食べないで、パスタやピザ等を食べていれば体の中に悪性のトランス脂肪酸が
たまる一方ということにあります。

逆に、良質の油分は、アーモンドやアボガドと言った、食品の原型がわかる食べ物に
含まれる油分です。

こういった油分を積極的にとっていると肌にハリや弾力がでて美肌効果もあり、当然、
食事でとった栄養分が体に浸透しやすくなります


コメントを残す