友達と励まし合うダイエットは失敗のもと

友達と励まし合うダイエットは失敗のもと
ちょっと厳しいことを言うかもしれません。

あなたは、友達と一緒に、何かするのが好きですか?

日本には、

『赤信号、みんなで渡れば恐くない』

という言葉があるように、友達や団体で物事を一緒にするのが
好きな国民性であります。

ですから、ダイエットでも、みんなでしようと考えがちになります。

実際、ダイエットはつらいものなので、友人と励まし合い、
ダイエットをしていくのが成功するダイエット方法で
あるかのように書いている書籍もあります。

一時期には『メル友ダイエット』と言われるダイエット方法
すらありました。

このメル友ダイエット方法でもやっぱり、メル友同士で、
現在のダイエット状況を報告しあって、励ましあって、
ダイエットしようとするものでした。

お互いに、励まし合って物事に取り組むことは
素晴らしいことですが、事ダイエットに関して言えば、
これは間違いです。

間違いというか、やってはいけない事です。

それは、ダイエットでは、個人個人の求める標準体重が
違いますし、ダイエットする過程においての、減量、
運動のペースもすべて違います。

ダイエットは、基本的に、自分の体調を考えて、体調に
合わせてするものです。

それを、友達同士で同じようなペースでダイエットを
することなど不可能です。

出来ません。

それを、

『一緒に頑張ろうね』

とダイエットを始めた当初はいいですが、友達の
ダイエットの進行具合が気になり、

友人は2キロ減ったのに私はまだ1キロしか減っていないと
強迫観念に取りつかれたりしてしまいます。

友人同士のダイエットは基本的に、ダイエットをハードに
実行している人のペースに合わせざるをえなくなり、
友人に合わせられない人は、脱落していってしまいます。

ここに、友人同士のダイエットの落とし穴があります。

ダイエットは、あなた自身の体調を考え、あなたの体調に
一番いい体重にすべきなのです。

友人と一緒にすると、このような簡単な事さえ見落として
しまいます。

ダイエットを成功させたければ、一人でやりましょう。

ダイエットがつらく感じるなら、つらく感じない
ダイエット方法を実行すればいいだけですよ。


コメントを残す