ジャンクフードは、肥満の元!?

若い女性と話をしていると食事を抜いたり多少,寝なくてもプロポーションに
影響がないと言い切ったりします。

ですから、夜遊びや、ジャンクフードばかりを食べている女のコをよく見かけ
ますが、このような夜遊びやジャンクフードばかりの生活は、若い時には、体への

ダメージが少ないため、また自己修復スピードも早いので、多少の無茶をしても
体への影響はないように思われます

このような荒んだ生活は10年後、20年後に、必ず身体に現れてきます。

若い時の荒んだ生活態度はその時は、肌やプロポーションに影響なかった
もののはずが、少しづつ蓄積され、ある日、突然見える形として現れてきます。

ファーストフード等のジャンクフードばかりを食べていると、肥満になりやすい
だけでなく、様々な病気を引き起こしてしまいます。

例えば、コレステロール等は、悪いイメージがあるかもしれません。

しかし、コレステロールが女性ホルモンを作っていたりします。

このコレステロールは、油からできているのですが、この油が体に良くない
トランス脂肪酸たっぷりの油であった場合、いかに体に悪いか、想像がつくかと
思います。

あなたがこの先10年20年後、みずみずしい肌やプロポーションを維持していきたい
のであれば、ジャンクフード等を食べず、未精製の米や小芋等を食べ、体に良い
油を取るようにしていきましょう


コメントを残す